2020年03月10日

防菌バリア


新型コロナの影響は様々な所に拡がり、不安になってしまいますね。
日常で一番困るのはトイレットペーパーがなかなか手に入らないことでしょうか...少しでも早くコロナの終息を望むばかりです。


野口歯科では除去対策として既に、手指アルコール除菌の徹底、空間除菌機器の導入、ドアノブなど触れる所には抗ウィルス性・抗菌性フィルムなどしております。


またこの度、抗菌作用が持続するEtakと呼ばれる
除菌アルコールも新たに導入しました。

一般的な除菌は一時的であり、乾燥すると新たな菌・ウィルスが付着してしまいますが、
Etakは除菌後、抗菌バリアが表面に形成され、新たな菌・ウィルスを長時間に渡り不活化し、増殖を抑えるようです。

少しでも安心して治療を受けていただけたらと思っております。

BD05AC3A-3141-4BC3-AFA9-E8F95FF54DF0.jpg
D354F86D-0B3D-4797-A934-DE44E6D89551.jpg
906D52A7-427B-44D2-A33A-8DCF8560BED6.jpg


posted by noguchi-dental at 14:13| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: