2021年07月26日

虫歯のチェック基準

CAM00370.jpgCAM00369.jpg

学校の歯科検診の時に聞いたことがある方がほとんどだとおもいますが、
日本の虫歯の診断はC1、C2、C3、C4、と、あいた穴の大きさで診断します。

海外では、虫歯で穴が開く前の初期段階の虫歯を診断できる基準
「ICDAS」(アイシーダス=国際的う蝕探知評価システム」の普及が進み、
日本でも導入の動きが広がっています。
コード0~6までの分類で、神経をとるまでに至らない、初期の虫歯を診断します。

一度虫歯で穴があき治療すると、虫歯は再発を繰り返し、
寿命は確実に短くなってしまいます。
できるだけ穴が開く前の段階で、虫歯になりやすい生活環境をかえたいものです。
posted by noguchi-dental at 11:59| Comment(0) | 全体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: